リフォームの流れ

ここでは一般的なリフォームの流れをステップごとに分かりやすく解説いたします。
失敗しないためのリフォームのポイントを十分理解した上で、リフォームに取り組みましょう。

リフォームの目的と要因を整理しスケジュールを立て計画する

家族で、リフォームの目的・要因をよく話し合います。現在の住まいのどこに不満があるのかを、きちんと家族で話し合い、改善したいポイントを書き出して整理しておきます。

リフォームのイメージプランを立てる

具体的なイメージを持っておくことが大切。インターネット・雑誌・本でリフォームデザイン・商品の写真を集めたり、リフォーム経験者の話を聞くなど、さまざまな方法で情報収集して、リフォームのイメージを具体化しておきます。 これも家族の意見を事前にまとめて統一しておくようにしましょう。

※事前に建築図面を用意しておくとリフォームを依頼するときにスムーズです。

予算の設定と資金計画を組む

インターネットなどで希望するリフォームプランにたいしての相場を確認し,リフォームに必要な目安となるおおよその金額を掴んでおいた上で、ローン・助成金などの利用を踏まえ資金計画を組みます。

ここまでの流れをスムーズに進めるチェックシートを用意いたしましたので、ご自由にお使いください。(PDF)

リフォームチェックシート

リフォームの依頼会社の選定・依頼

  • ピックアップした会社にインターネットで問い合わせるか、直接電話するなどして現地調査などを実施してもらうためのスケジュールを組みます。
  • 事前に準備したチェックシートなどの資料を基にリフォームの工事範囲、希望内容などを伝え、打合せを十分行った上でラフプランと概算見積りの提出を依頼します。
  • 提出されたプランなどに納得いくまでより細かく、具体的に詰めましょう。
  • 実際に使用する設備や部材に基づいて再度、決定見積りを作成してもらいます。

契約

  • 融資を受ける場合、契約前に手続き等について確認しておきましょう。
  • 最終的なリフォーム内容が確定したら、正式に工事請負契約を結び契約書を取り交します。
  • ここで着手金を支払う場合もあります。

工事

  • 法的な手続きや家具の移動など工事の準備をします。宮崎では希望があれば仮住まいをご用意いたします。
  • 工程の説明を受けます。
  • 近所へ工事の挨拶回りをします。
  • 工事中は日々の進行状況を点検・確認しておきましょう。
    ※工事が進むにつれ、疑問や変更の希望が出てきた場合は、担当者さんになるべく早く伝えましょう。
  • 場合によっては、ここで中間金を支払うこともあります。

完成検査(竣工検査)

  • 契約時の図面や追加変更事項の記録などをもとに、不具合がないか確認していきます。
  • 不具合があった場合は手直しを依頼します。

引渡し&精算

  • 手直し工事などの完了を確認し、正式に引渡しを受けます。
  • 追加変更工事の記録などをもとに、最終の工事金額を確認して代金(または残金)を支払います。
  • 設備機器及びリフォーム工事の保証書は必ず発行を依頼しましょう。(エムズリフォームは保証書を発行します)

アフターサービス

住みはじめてから設備機器が故障したり、竣工検査では見つからなかった不具合が見つかったりすることがあります。 不具合が見つかったら、施工を担当した会社に連絡しましょう。